page 1/5

電波は何で出来ているんだろう


1999/7/27更新

電波を探そうの中で、みんなはいろんな実験をしてきたね。さて実験の結果はどうだったかな?

それでは、この実験の結果をもとにして電波が何で出来ているか推理していこう。
推理をしていくためには、ほんの少しだけ電気について勉強しておく必要があるんだ。


磁界ってなんだろう

みんなの家には学校の教材用として学校からもらったり、おもちゃとして買ってもらったりした棒磁石などが机の引出しなんかに転がっていないかな。

磁石については、みんな学校で習ったことがあるはずだ。磁石にはNとSがあることも、そして NとNやSとSは反発しあい、NとSは引き合うことも知っているよね。

クギなどを磁石を近づけると、クギは磁石に引き付けられてくっついてしまうだろ。このような磁石の力を磁力って言うんだよ。そしてこの磁力のはたらく場(物理学辞典によると、物理量が空間的に分布している場所をその物理量の場というとなっています。それから多くの場は時間的にも変化するそうです。すると重力が空間的に分布している場所は重力場というのかな。磁力が空間的に分布している場所は磁場になるのかな。)のことを磁場とか磁界(これからは磁界と言うよ)と言うんだ。

むつかしい名前がたくさん出てきたね。


(1)エナメル線に乾電池をつないだらどうなるだろう。


fig1

エナメル線を用意して乾電池につないでみよう。





fig2


このエナメル線にみんなが持っている方位磁針(地図などで、どちらが北か調べるのに使う道具)を近づけてみよう。すると方位磁針の針はどうなるだろう。

答えは?

(1)針は動かない。 (2)針は少し動く。



長い間乾電池をつなぎっぱなしにしておくと乾電池の電圧がさがって、使えなくなってしまうから注意しよう。抵抗も例えば10Ωとしたけれど、いろいろ変えてどうなるか調べて見よう。

方位磁針の針の動きがわかるようにするには、エナメル線に対してどこに方位磁針を置いたらいいか調べてみよう。図と同じ所に置いたらどうなるかも調べてみよう。これが実験なのだ。


page 1/5

ホーム