page 1/4

2.どうしたら聞けるの?

2004/7/26更新


ではさっそく長波の標準電波を受信するためのラジオを作りましょう。

でも 普通のラジオ局のように大きな電力で放送されていないのでゲルマニュウム・ダイオードだけでは聞くことはできませんでした。
そこで「トランジスタ」を使って作ってみました。


なお作り方は「資料」にあります。

資料の記事には単三乾電池1本を使っていますが、もっと感度を上げたいときには単三乾電池2本を直列に使って電圧を1.5Vから3.0Vにあげましょう。ノイズも増えますが標準放送も単三乾電池1本の時よりもよく聞こえるようになります。

ここで紹介している40kHzの受信機は手軽に聴くことを目指したため簡単なつくりとなっています。そのため受信感度もよくありません。
この通りに作ってもノイズで聴こえないところがあるかもしれません。また聴こえていたとしても、まるでノイズがON/OFFしているような感じなので受信していることに気づかないかも知れません。

60kHzの受信機は同調回路のコンデンサの値を小さくすれば受信できるはずです。チャレンジしてみてください。

ホーム